スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ラティースの後発薬

最近、私の周りで、点眼薬をまつ毛に塗ってまつ毛の増毛
に成功している方がいて・・・
教えていただきました。

以前にブームになった、ドクター処方のラティース。
値段が高いうえに、瞼が赤くなったり、色素沈着になったり・・・
は、よく聞いたので、私は怖くって使いませんでした。
それでもラティースは、副作用の出たケースは1%だそうです。

ラティースの後発薬には、
千寿製薬が製造した、ルミガン点眼薬があります。
こちらも同じ作用のある点眼薬ですが、ラティースより
かなりお安いです。

DSCF6489_convert_20111209175748.jpg

左がラティース。右がルミガン点眼薬。

もともと、これらの薬は、緑内障のお薬ですから、
プロスタマイド受容体に作用して眼圧を下げます。
この副作用として、
虹彩や眼瞼への色素沈着(メラニンの増加)による色調変化、
あるいは眼周囲の多毛化があらわれることがあります。

つまり、副作用としての増毛効果を期待して使用しているだけです。
ですから、副作用を期待するのであれば、瞼の色素沈着も仕方のないもの
と考えれば使用できますよね。

同じ効果があるのであれば、ルミガン点眼薬の方が安くていいです。
眼球や瞼への影響を阻止すればいいので、まつ毛の生え際だけに
塗れば、そんなに問題ないのかもしれません。
ラティースには専用のブラシが付いてくるので、このブラシを使い、
誤って付けてしまいがちな瞼は、ワセリンなどで皮膚を保護すればいいかな・・・

しばらく、左はラティース・右はルミガン点眼薬で、試してみようと
思います。
スポンサーサイト
  1. 2011/12/09(金) 19:16:46|
  2. 肌愛日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。